¥4,664
在庫あり。 すべての注文で送料無料。
INFLAMMA-X

font_0 健康へのメリット

Inflamma-Xは、正常な体内の炎症反応を促進します。毎日の痛みや不快感、炎症を和らげます。現代の食生活やライフスタイルから生じる炎症誘発性の酵素を調整します。

サプリメントの機能

Inflamma-Xを服用してから最初の2~3週間で、関節の柔軟性が向上し、毎日の痛みや痛みから解放されるという効果が現れます。研究によると、炎症を起こした組織は最適な状態で機能することができません。そのため、6週間以上継続して服用することにより、移動が楽になり、身体の炎症反応のバランスが自然に整います。*

効果には個人差があり、人によって異なります。最良の効果を得るために、毎日継続して服用することが大切です。

用法・用量

空腹時に毎日2カプセル服用してください。

INFLAMMA-X の開発理由

オーブンで腕にやけどを負ったり、足首を捻挫するなど、日常生活にありがちなことが起こった時、体は自分自身を守るための防御反応が働きます。免疫系は、多方面からの反応を通して、その領域を保護するために白血球を送るため、赤みと腫れが現れます。これは急性炎症で、治癒への第一歩となります。私たちは、この炎症により体が守られています。

また、炎症には、別の形態である慢性炎症があります。これは、喫煙または糖分や脂肪の多い食事などによって生じる、炎症誘発性の化合物によって、組織が継続的に攻撃された場合に起こります。今では科学者たちは、多くの変性疾患が、この種の慢性炎症の結果であると考えています。

そこで、処方薬でよく見られるような副作用を伴わずに、慢性的な炎症による毎日の痛み、組織の腫れを和らげるためにInflamma-Xを開発しました。正常な炎症反応のバランスをサポートするためのハーブやエキス、酵素を使用しています。ターメリック、プロテアーゼ酵素、ボスウェリア、ブロメライン、タルトチェリー、ショウガ、ホップ、スカルキャップ、ホワイトウィローなどから抽出された成分が相互に作用することで、炎症組織を和らげます。

自然の働き

成分

科学が証明

研究

  • ターメリック

    ターメリックは、正常な炎症反応を促進します。*

    配合目的ターメリックは、さまざまな体内の症状改善をサポートするため、インドのアーユルヴェーダ医学で広く使用されてきました。ターメリックにはいくつかの植物栄養素が含まれていますが、その中でも最も注目すべきものはクルクミンです。これらの化合物は、広範な健康上の効果があると考えられています。  Merivaは臨床研究で最適化され、特許を取得したターメリックです。ターメリックエキスとPhytosome(リン脂質)の配合により、吸収と同化が高まる効果で知られています。*

  • ボスウェリア

    ボスウェリアは、インディアンフランケンセンセとしても知られています。アーユルヴェーダで数世紀にわたり、身体全体の炎症を和らげるために使用されてきた樹皮樹脂です。

    配合目的: ボスウェリアは、正常な炎症反応や呼吸器の健康をサポートするため、今日の健康補助食品に使用されています。研究によると、ボスウェリアはロイコトリエンと連係して、炎症伝達物質として作用することが示されています。ロイコトリエンは、炎症反応が正常ではない時に、気管支筋を収縮させる効果があることで知られています。あるドイツの研究で、気管支炎症の症状に対して、前向きなボスウェリアの使用の必要性が示されました。*

  • ブロメライン

    ブロメラインは、パイナップルから抽出された酵素です。ブロメラインは、体内の炎症誘発性化合物を阻害する可能性があります。*

    配合目的: ブロメラインは、消化と組織の緩和のため、今日の健康補助食品に使用されています。  ブロメラインは、タンパク質を分解するタンパク質分解酵素として知られています。  食物と一緒に服用すると、ブロメラインは食物タンパク質に作用します。  空腹時に使用すると、食品よりむしろタンパク質ベースの抗原に作用して、組織や快適な関節をサポートします。*

  • タルトチェリー

    タルトチェリーは、アントシアニン類と呼ばれる豊富な抗酸化物質源です。

    配合目的: タルトチェリーはフリーラジカルから保護し、健康な組織を促進します。  研究によると、タルトチェリーはトレーニング後の回復をサポートすることが分かっています。  また、往々にして痛風に関連する体内の尿酸の減少をサポートします。  さらに、正常な炎症反応をサポートします。*

  • プロテアーゼ酵素

    プロテアーゼ酵素は、大きなタンパク質分子をポリペプチドおよびアミノ酸に分解するのに役立ちます。*

    配合目的プロテアーゼは組織の健康を損なうタンパク質の消化をサポートします。  プロテアーゼはタンパク質を分解するタンパク質分解酵素と考えられています。  食物と一緒に服用すると、プロテアーゼ酵素は食物タンパク質に作用します。  空腹時に使用すると、食品よりむしろタンパク質ベースの抗原に作用して、組織や快適な関節をサポートします。*

  • ケルセチン

    ケルセチンは正常なヒスタミン産生をサポートします。*

    配合目的ケルセチンは、今日、抗酸化物質として健康補助食品に使用され、正常なヒスタミン反応をサポートします。  ケルセチンは、アレルギー反応が出ている時に、過剰にヒスタミンを放出する肥満細胞活性化を阻害するフラボンです。  また、ロイコトリエン、ヒスタミン、プロスタグランジンおよびCOX-2酵素と連係して、正常な炎症反応をサポートします。  ブロメラインと相乗的に作用することも知られています。*

  • ネトルリーフ

    ネトルリーフは、正常な炎症反応をサポートします。*

    配合目的: ネトルリーフは、前立腺の健康をサポートする健康補助食品に使用されています。様々な炎症の問題を抱える体をサポートするため、古くから使用されています。*

  • ショウガ

    ショウガは、血液循環、消化および正常な炎症反応をサポートします。*

    配合目的ショウガは開花植物で、根や根茎は、昔から民間薬として使用されてきました。中国では、2千年以上も使用されています。血液循環をサポートするショウガは、配合成分との相乗効果を得るために、n日の健康補助食品に使用されています。  ショウガは、正常な炎症反応をサポートし、酷使した筋肉を支えます。*

  • ホップスフラワー

    ホップは神経鎮静剤として、神経系をサポートするために昔から使用されていました。*

    配合目的: ホップは、筋肉の緊張を緩和し、神経系をサポートするために今日の健康補助食品に使用されています。  正常な炎症反応をサポートするため、古くから使用されています。*

  • スカルキャップ根

    スカルキャップは、神経鎮静剤として、神経系をサポートするために昔から使用されていました。*


    配合目的: スカルキャップは、筋肉の緊張を緩和し、神経系をサポートするために今日の健康補助食品に使用されています。  スカルキャップは正常な炎症反応をサポートや、正常な状態にする作用があり、古くから使用されています。*

  • ホワイトウィローバーク

    ホワイトウィローバークはサリシンを含み、軽度の不快症状に対する伝統的な治療薬です。*

    配合目的: ホワイトウィローバークは、今日一般的な痛みを和らげる健康補助食品に使用されています。  古代文明では、柳の木のエキスは、痛み、炎症、筋骨格の症状に使用されていました。研究によって、アスピリン(アセチルサリチル酸)と化学的に類似しているサリシンと、フラボノイドが含まれることが確認されました。*

 

Inflamma-X サプリメント成分表

成分

服用1回あたりの摂取量
(一日摂取量に対する割合[%])

プロテアーゼ酵素(ニホンコウジカビ由来) 25,000 HUT (+)

タマリエ根茎抽出物(ウコン)(Meriva®)(全クルクミノイド90%~110mg18%~22%のPhytosome

500 mg (+)

ボスウェリア葉エキス(ボスウェリア セラータ)(65[97.5mg]ボスウェリア酸)

150 mg (+)

ブロメライン(パイナップルの茎由来)(120 GDU

50 mg (+)

ケルセチン(Fava D'anta由来)

50 mg (+)

タルトチェリーフルーツ(スミノミザクラ)(VitaCherry®

25 mg (+)

ミカン葉エキス(セイヨウイラクサ)41

25 mg (+)
ショウガ根エキス(ショウガ)(5[1mg]ギンゲロール) 20 mg (+)
ホップスフラワー(セイヨウカラハナソウ) 20 mg (+)
スカルキャップ根抽出物(コガネバナ)41 20 mg (+)
ホワイトウィローバーク(セイヨウシロヤナギ) 20 mg (+)
他の材料:レシチン(ヒマワリ)、微結晶セルロース、ヒプロメロース(植物性セルロース)、米ぬかおよびシリカ。人工着色料、防腐剤、グルテン、酵母、小麦、大豆、トウモロコシ、牛乳は含まれていません。 **一日摂取量に対する割合は2000カロリーの食事に基づいています。空白の場合、一日摂取量に対する割合は設定されません。
製品の規格
成分でみる ターメリック
成分でみる Boswellin®
成分でみる ブロメライン
成分でみる タルトチェリー
成分でみる プロテアーゼ酵素